貸付限度額が大きな銀行カードローンのメリット

銀行カードローンに申し込んで貸付限度額上限いっぱいまで付与される人というのも、初回ではあまりいないでしょう。しかし「自分が利用できないのであれば、銀行カードローンの最高限度額なんて絵に描いた餅だ」と判断するのは早すぎます。現在の信用情報では限度額まで枠がもらえることはなかったとしても、後々はわかりません。銀行は総量規制の対象外ですので、年収を超える借入も、信用によっては不可能ではありません。


<限度額とメリット>

そのように自分の信用情報も、問題なく返済を行なっていれば、年々成長してゆきます。クレジットカードであればノーマルからゴールド、ゴールドからプラチナ、ブラックといった具合です。貸し付け限度枠も信用に応じて広がってゆきますので、上限が100万円と決まっている銀行カードローンよりも500万となっているもののほうが、後で使い勝手の良いものになる可能性もあるのです。ただし限度額が高く低金利といったものになるにつれ審査がシビアになってゆきますので、自分の信用情報と照らし合わせて検討する必要があります。はじめから高望みはせず、信用情報機関のクレジットヒストリーを成長させるという手段もあります。