銀行カードローンを利用するのに必要なもの

銀行カードローンは銀行のサービスということで安心できますし、また金利が低い、月々の支払いが一定で利用しやすい、担保が不要といった便利な特徴があります。しかし、何も無く利用できるというわけではありません。銀行カードローンを利用するた必要なものがある場合もあります。


<口座を持っているとお得な場合あり>

銀行カードローンを申し込む銀行の口座を持っていると、審査や手続きが少なくて済む場合があります。カードの発行などの手続きが省けるので手続きが簡単に済みます。銀行のサービスの利用具合によっては、書類提出まで省かれる場合があります。どの銀行も審査は短期間で終わることを謳っていますが、これらの関係で口座を持っている銀行のほうが早く契約できる場合があります。


<審査に必要になるものは>

銀行カードローンの審査には一般的に必要になるものとして、本人証明ができるものと収入を証明できる書類です。本人証明は例えば免許書やパスポートといったもので可能です。それらがない場合は健康保険証か住民基本台帳カードなどを利用することになります。収入の証明は必ずしも必要ではありませんが、特に借入金額が大きくなるほど必要になる傾向にあります。